[PR] 看護師 募集 Thailand ราชอาณาจักรไทย BANGKOK→komz 忍者ブログ

2007.6.14〜タイの情報をマイペースに紹介しています。
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[08/04 soul_butterfly]

09.24.19:19

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/24/19:19

07.23.23:54

JEATH戦争博物館

                           2007/7/1 撮影
カンチャナブリ カンチャナブリ


今回はバンコクから少し離れまして...映画『戦場に架ける橋』の舞台でもある

 カンチャナブリにあるJEATH戦争博物館の様子をお伝えします。


上の写真は JEATH戦争博物館の入口の様子。

 世界人類が平和でありますように...と

  日本語・タイ語・英語・で書かれていました。


「JEATH」とは泰緬(タイメン)鉄道に関わった6カ国の

 日本(Japan)・イギリス(England)・アメリカ(America)・

  オーストラリア(Australia)・タイ(Thailand)・オランダ(Holland)の

   頭文字を合わせたもので「DEATH=死」をもじっているそうです。

                           2007/7/1 撮影
カンチャナブリ カンチャナブリ


上の左側の写真が、博物館のエントランス。

 右側の写真は、当時人々を助けて活躍したお坊さんの像です。


                           2007/7/1 撮影
カンチャナブリ カンチャナブリ


上の写真は日本軍が使用していた銃や爆弾。


                           2007/7/1 撮影
カンチャナブリ


上の写真は日本軍に捕虜として捕らえられていた欧米人たちの宿舎での様子。

 よく見るとふんどし姿です。


泰緬鉄道の建設には主に東南アジアの日本軍占領地から連行された労務者

(中国、インドネシア、ビルマ、マレーシア、インド、シンガポール、タイ)と

  連合軍捕虜(イギリス、アメリカ、オランダ、オーストラリア)が投入され

   その数は40万人を超すと言われています。


ジャングル地帯での酷使とコレラ、マラリアなどの伝染病の蔓延で

 人員の半数近くが未帰還だと言われています。

  このため、泰緬鉄道は「死の鉄道」とも呼ばれています。

                           2007/7/1 撮影
カンチャナブリ カンチャナブリ


泰緬鉄道はバンコクの西のノンプラドック駅から

 ビルマのタンビュザヤまでの415キロの鉄道です。

  泰緬鉄道を有名にしたのは、全長約250メートルのクワイ川鉄橋です。

   フランス人作家ピエール・ブールの『戦場に架ける橋』と

    その映画化(1957/英)によって世界的に有名になりました。


上の左側の写真は当時の橋の様子で、右側の写真が爆撃後の橋の様子。

 とても激しい戦闘だった事が伝わってきます。


                           2007/7/1 撮影
カンチャナブリ カンチャナブリ


ショーケース内には軍服やヘルメットなど

 戦争当時に使われていた色々なモノが展示されていました。


                           2007/7/1 撮影
カンチャナブリ


上の写真は通訳をしていらした日本人Mr.Takeshi Nagaseの像で

 現在もまだ生きていらっしゃるそうです。


現在はバンコクの西にあるノン・プラッドッグからカンチャンブリを経て

 ビルマ国境に近いナムトクまでの170キロは現役であとは廃線になっています。

  世界人類が平和でありますように...
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら