[PR] 看護師 募集 Thailand ราชอาณาจักรไทย BANGKOK→komz 忍者ブログ

2007.6.14〜タイの情報をマイペースに紹介しています。
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[08/04 soul_butterfly]

12.16.00:43

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/16/00:43

08.23.18:54

スクンビット通り soi0

                         2007/8/13 撮影
  バンコクの線路    バンコクの線路


先日、スクンビット通りを散歩しているとスクンビットsoi1と

 高速道路の間にある線路に、ドンドン人が入って行くので

 「なぜ線路に?」と思い様子を見ていると,,,(上の写真)

  そこには電車ではなく、子供が走り、人が行き交っていました。


                         2007/8/13 撮影
  バンコクの線路    バンコクの線路


とても気になったので、恐る×2人の流れについて行きました。

 すると、右側に人の住んでいるアパート?らしき建物がありビックリ!
                           (上の左側の写真)
  後ろを振り返ると、スクンビット通りは既に見えません。
                        (上の右側の写真)

                         2007/8/13 撮影
  バンコクの線路    バンコクの線路


こうなったら「ペッブリー通りまで行ってみるぞ〜!」と意気込んではみましたが

 辺りを見回すと人気が少なくなり、薄暗くなってきて

  かなり怪しい雰囲気になってきました,,,。(上の写真)


                         2007/8/13 撮影
バンコクの線路  バンコクの線路  バンコクの線路


内心『ビクビク』しながら、さらに奥へと進んで行くと

 先の方に明かりが見えてきました。

  その明かりの元へ到着すると、そこには飲み物やお菓子

   ちょっとした生活用品を売っているお店があり、とても驚きました!
                            (上の左側の写真)
さらに進むと踏切があり、そこで子供達が自転車の改造中。
                       (上の中央の写真)
 その先にはまたお店がありました。
             (上の右側の写真)

                         2007/8/13 撮影
  バンコクの線路    バンコクの線路


進めど、進めどなかなかペッブリー通りには着きません,,,

 しかも先には、鉄橋らしきものが見えてきました。(上の右側の写真)


                         2007/8/13 撮影
バンコクの線路  バンコクの線路  バンコクの線路


やはり鉄橋です,,,下は川になっていて、丸見えの状態でかなり怖い!

 ここまで来て引き返すことになるのか,,,なんて思っていたら

  鉄橋の向こう側から、人が歩いてくるのでビッックリ!

   鉄橋をよく見たら中央に、板が渡してあります。(上の中央の写真)

「よかったこれで引き返さなくてもイイ」と安心したのもつかの間

 この橋の上に渡してある板が、今にも折れそうな古いもので

  さらに実際に上に乗ってみると、まるで平均台の上を歩いてるようです。

どうにか、渡りきりましたが足下も暗いし

 かなりのデンジャーゾーンでした,,,。(上の右側の写真)


                         2007/8/13 撮影
  バンコクの線路    バンコクの線路


鉄橋を渡ると、またお店があります。(上の左側の写真)

 このお店が一番品揃えが良いですねw

お店の先には見慣れた踏切がっ,,,やった〜!

 やっとの事で、無事ペッブリー通りに到着です。


振り返って線路を見れば、そこには地図やガイドブックには載っていない

 スクンビット通りsoi0とも言える、普段は見ることの出来ない

  バンコクの裏の景色がありました。 (上の右側の写真)
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら